プロフィール

Author:KK  
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

罠チェックしないポポロ異世界blog
このブログはPS2ゲーム トルネコの大冒険3の異世界ポポロへと、 基本的に罠チェック無しで突撃する無謀な日記兼雑記です。現在金土日の深夜更新が目標。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ

特技の使用頻度についての考察



予想の範疇を出ないので
読み流し推奨。
合っているかどうかももちろん不明。

予想される特技使用のアルゴリズム

1.
可能な相手に対して
一定確率で使用するタイプ。

大部分の隣接型特技。

2.
有効範囲にいる相手に対して同時に
使用するかどうかの判定が行われ
判定が行われた時点で
特技を使用するタイプ。

有効範囲内にいる数によって
大きく使用確率が変化するタイプ。
攻撃や移動と同時に判定が行われている?

特技の対象が1匹なら「攻撃」 「特技」のどちらかを選択
特技の対象がAとBの2匹なら「攻撃」 「Aに特技」 「Bに特技」の3つからどれか1つの行動を選択
といった感じで使用する可能性が増えていく。

HP回復系特技(ベホマズンも)
おおめだまの混乱。
スペクテットのアストロン。
デビルアンカーの自爆秒読み。

3.
有効範囲の対象に対して順番に
使用するかしないかの判定が行われ
使用されると判定した時点で使用するタイプ。
対象が多いほど使用頻度が上昇するが
前述のものより大幅に増えない。

Aに対して一定確率で特技を使用するか判定→
使用するorしない→

使用するが選択する場合
特技を使用

しないが選択された場合→
さらにBに対して一定確率で特技を使用するか判定→
使用するorしないの判定

といった感じ。

杖、炎、矢
ラットのめつぶし、ルカナンなど。


使用確率を変動させるためには
1のタイプはイカリの杖を振る程度だが
2のタイプ、3のタイプは対象の数の増減によって
任意に特技の使用頻度の調節が可能。

ホイミスライムに対して
壁モンスターの反対側にHPの減った
キャラクターを待機させることによって
ホイミの確率を上昇させたり

おおめだまに対して
大量の仲間のいる部屋に招き寄せて
にらみつけの発動確率を大幅に上げさせて
混乱よけを装備したポポロで倒すなど。

3のタイプでは逆に有効範囲にいる
キャラクターの数を減らすことによって
遠距離攻撃をさせずに接近させることが主体となる。

例えば20階でドッグスナイパーの射線上の仲間の位置を
横にずらして接近を促したり
キートンやようじに杖を振らせたい場合に
仲間モンスターを直線状に複数配置するなど。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kkwana.blog53.fc2.com/tb.php/230-776b6334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。