プロフィール

Author:KK  
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

罠チェックしないポポロ異世界blog
このブログはPS2ゲーム トルネコの大冒険3の異世界ポポロへと、 基本的に罠チェック無しで突撃する無謀な日記兼雑記です。現在金土日の深夜更新が目標。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ

遠距離攻撃と視界の関係。


大きく分けて3種類。

1.射程内で間に壁が無いならば、どんな視界の状態でも遠距離攻撃をしてくるタイプ
2.射程内かつ視界内に対象がいる場合に遠距離攻撃をしてくるタイプ
3.視界内に対象がいる場合に自己に対して発動するタイプ
の3つに分けられる。

1.はさらに2種類に分けられて

射程が無限の
きとうし系の固有杖(きとうしの杖、ようじゅつしの杖)

ただし杖の射程無限型は有効射程が無限なだけであって
実際は敵や味方が10マスor視界内にいないと特技を使用しない。
それ以上の距離に使用させる場合には意図的に
10マス以内の位置にいる潜ってかわす能力モンスター経由で光弾を飛ばさせなければならない。

射程が有限(10マス)の
ベビーニュート系(ベビーニュート、ドラゴンキッズ、メラリザード)
ドラゴン(特殊:ダースドラゴン)、ドッグスナイパー
が含まれる。

この種類は視界がどんな状態でも関係なく(スポット状態含む)
敵が射角上にいれば遠距離攻撃をする可能性がある。

ダースドラゴンはフロア内全てが射程範囲で
フロア内のどこかに敵が存在すれば一定確率で炎を吐く。

2.も射程が無限と有限がある。
無限型はさらに2つに分けられて

無限型は単体標的タイプの
げんじゅつし系(げんじゅつし、ドルイド)
きとうし系の補助杖(ピオリム、イカリ)

及び

複数対象型の
おおめだま、ラットめつぶし、ルカナン、マダンテ
(特殊:キースドラゴン)がある。

射程有限型は
1体のみを標的にするタイプのみで
リリパット系(リリパット、どくやずきん)
スライムブレス系(スライムブレス、ドラゴスライム、ドラゴメタル)
がいる。

これらのタイプはポポロの視界と同様の視界を持っていて

異世界の例だと
27階までは部屋内全て+部屋内から外に2マスと
通路上の
隣接及び2マス離れた相手に対して
遠距離攻撃を使用する。

28階からは
部屋から2マスの位置及び
通路で2マス離れた敵は認識できないとみなされて
遠距離攻撃を使用しない。

このタイプの特徴として
単体標的タイプは
射程有限、無限に関わらず
部屋から繋がった通路にいる時に
その部屋にいる時と同じ視点で敵を認識して
遠距離攻撃を使用する。

図で示すと

壁壁壁壁壁壁壁
壁壁○○○壁壁
×△◎◎◎△×
壁壁○○○壁壁
壁壁壁壁壁壁壁

異世界27階までは×の位置及び△の位置にいる
遠距離攻撃モンスターは◎にいる敵を
視界に入っていなくても敵がいると認識して遠距離攻撃を放つ。

28階以降は×の位置にいる遠距離攻撃モンスターは
◎の位置にいる敵を認識できないので
遠距離攻撃を行わないが
△の位置だと認識して攻撃する。

言い換えると
その階層の部屋内から認識できる通路にいれば
逆にその部屋の中の敵を認識して攻撃できるということ。

浮遊ゾーンは視界が無限という扱いだが
遠距離攻撃に関しては通路及び
部屋の外周2マスまでの敵を対象と認識して攻撃する模様。

複数攻撃タイプが通路にいる場合は
どの位置にいても部屋内の視界外の敵を認識することは出来ず
その位置からの視界内に敵がいる場合のみ遠距離攻撃を発動する。

(キースドラゴンの炎は単体攻撃だが
複数攻撃型と同じように対象を認識して
その中の1体に対して炎攻撃を行う)

またゾンビ系のアイテム投げは自分と相手が部屋内にいる場合に、
ブラッドハンドの手招きは相手が視界内にいる場合にのみ使用され
どちらも射程は無限。

また、ゾンビ系のアイテム投げは相手が部屋内にいる場合のみ投げつけてくるが
ハンド系のアイテム投げは相手が視界内にいれば使用してくる
(通路の入り口に立っていてもアイテムを投げつけられる)

3.は基本的に複数対象型と同じで
視界内に敵がいる場合に特技を発動する可能性がある。
このタイプは
スペクテットのアストロン及び
デビルアンカーのカウントダウン開始。

この中でもある程度実用性があるのは
仲間のスライムブレスやリリパットが
部屋の入り口近くで誤射を起こす点
並びにモンスターハウスの入り口に待機させた場合に
特技を乱発する可能性がある点に注意を払えること。

ドラゴン及びベビーニュート系は
通路で容赦なく味方を誤射するが
スライムブレス系は
部屋の入り口にいる場合にしか誤射しない点。

きとうしの杖及びようじゅつしの杖は
視界外の相手にも容赦なく発射するが
ピオリムは視界内にいないと使ってくれない点。

+まぼろしにおける
各視界状況における、どの位置からだと
どの位置にいるリリパットから射撃されるか予想できる点など。

6/15に多少修正。

テーマ:ゲームプレイ日記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kkwana.blog53.fc2.com/tb.php/524-32e4c2bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。